津軽三味線とは

三味線音楽のジャンルは長唄、端唄俗曲、地唄などさまざま有りますがその中に民謡と言うジャンルが有ります。

民謡の中でも特に青森県津軽地方の民謡の伴奏をするのが津軽三味線です。形は他の三味線とほぼ同じですが他の三味線に比べて棹は太く胴も大きく重量感があり奏法も弾くというより叩くというかんじです。

最近テレビ等メディアでも良く見かけたり聞いたりするようになり皆様も大体の事はご存知だと思います。このサイトでは津軽三味線のことをもう少し掘り下げて考えてみたいと思います。

●津軽三味線の歴史

津軽三味線の歴史と言っても一般的な三味線の歴史よりも大分浅いものです。私の知る限りでは明治の初め前後あたりからではないでしょうか。

「ボサマ」と呼ばれる目の不自由な男性が三味線を抱えて家々を廻り唄と三味線を聴かせ何がしのお礼を貰い生活をしていたのが始まりの様です。「ボサマ」の中に仁太坊と言う人がいて津軽三味線奏法の基礎を創ったと言われています。数十年前に津軽三味線ブームをおこした高橋竹山師も「ボサマ」だったそうです。

東京で最初にブームを巻き起こしたのは白川軍八郎という演奏家で聴いた人々はそれは感激したそうです。その頃の演奏家としては高橋竹山師、木田林松栄師など草々たる演奏家が居ました。

三十数年前NHKで「民謡をあなたに」と言う番組が始まりまた津軽三味線(と言うより民謡)がブームになり、澤田勝秋と言う演奏家が世に出ました。
そして、次は高橋竹山の時代になります。各地で演奏会を開き今で言うライブの走りだったのでしょう。その後暫く低迷していましたが、木乃下伸市、上妻宏光、吉田兄弟などの演奏家がぞくぞくと出現し現在に至るわけです。

 

What's New

★山本美紀・歌手公式HP

 

★津軽三味線澤田流・澤田美成公式HP

 

★青木ひろし音楽事務所公式HP

 

音楽教室検索

http://xn--66v140h.xn--wbtt9tu4c3s1a.jp/ 

★<澤田美成ニュース>

What's New!

★<教室お問い合わせ>

お問合わせはこちらから